top of page

ショールについて



成人は18歳になった為、20歳で行うこの祝義は「二十歳を祝う会」というらしいです。

ネーミングセンス・・・。


この寒い時期に行われる「二十歳を祝う会」でよく見かけるのが、このショール。


式が始まるまで外でお友達との再会や久々に会う友人の方とのお話の際には、必需品ですね。


2023年の今年は暖かかったので、ショールを使用されている方は少なかったようです。


では、今回は振袖のショールについてご紹介していきます。




 ショールの種類


ショールにもいろいろな種類があります。


暖かさでの違いはあるのか?

というと、さほど変わりはないように思います。


では、どんな種類があるのでしょうか?



 フェザー


こちらは主に水鳥の羽を使用しています。

主に水鳥やの羽を使用しています。


比較的安価で重量も軽いため、歩くたびにフワフワと揺れ動くので可愛らしいです。


 フォックスファー


きつねの毛皮を使用したものがこのフォックスファー。

毛足が長くゴージャス感が出てボリュームがあり、顔回りが華やかになります。


フォックスファーの中でもブルーフォックスは肌触りが良く人気がありますが質が良い分お値段も高くなります。


 ラビットファー


ラビットファーはウサギの毛を使用したショールになります。

染色しやすい性質があり、色々なカラーバリエーションがあります。

短い毛並みで手触りも優しい為人気があります。振袖だけでなくドレスなどにも合うものもあるのでお勧めです。


 ベルベット


成人式で目立つならこれ!

個性的かつ上品な光沢が特徴のこのベルベットタイプは、ドレスにも合います。


黒・赤・白・ワインレッドなどカラータイプも豊富でお値段もピンキリ。

ただ、上半身が全く見えなくなる物もあるので振袖泣かせかも?


 フェイクファー


お値段が安いのはこのフェイクファー。

人工的な繊維で作られたこのファーは、ポリエステル製やアクリル製があります。


ですので、カラーバリエションも豊富で暖かさもリアルファーと変わらない為、お値段を抑えたい方はこちらで十分かとも思います。


 まとめ


いかがでしたでしょうか。

一重にファーといっても、いろんな種類のファーがあり、素材も多種多様で選ぶのにだいぶ迷われる方も多いのではないでしょうか。


個人的には年数が経つと毛が抜けてくるので、暖かさを重視するのであれば、フェイクファーをお勧めします。


最後までお読みいただきありがとうございます★

Comments


bottom of page