top of page

振袖コーディネート「HSB-3-1」

振袖No.HSB-3-1のコーディネートについて使用小物のご紹介をしていきます。


なお、各振袖詳細ページでは振袖・使用小物共に画像クリックで拡大表示され、対応サイズもご覧いただけます。


色味使い・柄の決め方などご参考にしてくださいませ。


また、画像のコーディネートをそのままレンタルできますので、一度リアルコーデでお召しになってみてください⭐️




 振袖

身長174cmまで

身丈169cm

裄768cm

青い振袖

鮮やかな青の生地には細かな桜模様が描かれ、裾にかけて紺へのグラデーションが美しく、青い薔薇・桜・そしてポイントで蝶が描かれた現代チックな振袖。



 半衿


白い半衿

この半衿には大きな菊の花と大小様々な桜の花が描かれていて全体的に可愛いらしいデザインになっています。生地色は白です。



  桜

桜柄も牡丹柄同様、吉祥紋様の一つとしておめでたい柄です。

意味としては、田植えの時期に咲く花・一斉に咲き誇ることから五穀豊穣・繁栄・豊かさを表します。



 重ね衿


ピンクの重ね衿

金色の帯に光沢感のあるピンク地が合わさった重ね衿。ピンク時には薄いピンク色でが全体的に散りばめられた鮮やかなデザイン。リバーシブルの重ね衿なので、金地にピンクと見せても可。金色を出さずにピンクのみを見せても鮮やかな印象なので、金色で存在感が出過ぎるのであれば、あえてピンク地のみを使用するのもアリです。



 帯揚げ


黄色の帯揚げ

黄色の総絞りの生地にハートマークがポイントとして描かれ、両サイドには紗綾形模様が描かれた可愛い帯揚げ



 帯


袋帯

金・銀・水色の生地に大小様々な桜が描かれた爽やかな印象の袋帯。



 帯締め


黄色の帯締め

黄色の帯締めですが、特徴的に20cm程薄いピンクと黄色に染められた組紐を使用した多様性のある帯締め。

水色の帯締め

水色の組紐に細い金糸が組まれたシンプルで多様性のある帯締め。


 振袖コーディネートまとめ

現代的な青の振袖に帯締め・帯揚げに黄色を添えることで可愛らしさが増し、帯の吉祥紋様である大きな桜を活かすことで華やかさを更にアップさせた振袖コーディネート。


最後までお読みいただき感謝します⭐️




bottom of page