top of page

振袖コーディネート「HSBL-2-1」

振袖No.HSBL-2-1のコーディネートについて使用小物のご紹介をしていきます。


なお、各振袖詳細ページでは振袖・使用小物共に画像クリックで拡大表示され、対応サイズもご覧いただけます。


色味使い・柄の決め方などご参考にしてくださいませ。


また、画像のコーディネートをそのままレンタルできますので、一度リアルコーデでお召しになってみてください⭐️


 振袖

身長172cmまで

身丈167cm

裄72cm


黒い振袖

黒・ピンク・紫のグラデーションが美しく、桜の統一柄が描かれた下地に梅・コスモスなどの花柄や鞠をポイント柄として描かれた振袖。



 半衿


半衿

黄色い生地に多種多様の桜や、亀甲柄・青海波とおめでたい柄が沢山描かれた半衿。



  青海波模様

この模様の意味も吉祥紋様の一つで、青い波が平穏や安定を表現し幸運や繁栄を象徴しているとされています。また、波は日本の海洋文化とも関連があり、海とのつながりや海の恩恵を表しているとも解釈されています。



 重ね衿


赤い重ね衿

ゴールドと赤のリバーシブルの重ね衿。赤の面にはゴールドのラメが散りばめられています。リバーシブルなので、ゴールド面を表に紫を出すのもアリ。



 帯揚げ

帯揚げNo.OAR-22


赤い帯揚げ

鮮やかな赤のシボ感のある生地にラメが散りばめられた帯揚げ。


 帯


袋帯

金色の帯に多種多様の桜が描かれた豪華な袋帯。



 帯締め


白い帯締め

中央の飾りのサイドには金糸が編み込まれた白の組紐と、反対側には白3本・金の細目の組紐があり、中央にはホワイトパール・ゴールドパールで可愛い装飾がある可愛い帯締め。



 振袖コーディネートまとめ

黒地に花柄を描くことで落ち着きの中にも可愛らしさが見え、半衿・帯の花柄も合わせてた非常にバランスのいい振袖コーディネート。


最後までお読みいただき感謝します⭐️




bottom of page