top of page

振袖コーディネート「HSG-1-1」

振袖No.HSPP-3-1のコーディネートについて使用小物のご紹介をしていきます。


なお、各振袖詳細ページでは振袖・使用小物共に画像クリックで拡大表示され、対応サイズもご覧いただけます。


色味使い・柄の決め方などご参考にしてくださいませ。


また、画像のコーディネートをそのままレンタルできますので、一度リアルコーデでお召しになってみてください⭐️




 振袖

身長173.5cmまで

身丈168.5cm

裄69cm

緑と赤の振袖

紗綾形(さやがた)模様に桜が描かれた鮮やかな緑の生地に牡丹・桜・菊・梅と花柄の吉祥模様がふんだんに描かれた可愛い振袖。



 牡丹

牡丹柄4月から6月に咲く花で、幸運・繁栄・長寿・健康・幸福など、おめでたいとされる吉祥紋様の一つです。意味としては

  1. 富と繁栄:牡丹は、その美しさと豪華さから、富や繁栄の象徴とされています。特に中国では「富貴牡丹(ふうきぼたん)」という表現があり、豊かさや成功を願うという意味があります。

  2. 女性の美:牡丹は女性の美しさと気品を象徴する花としても知られており、振袖や着物に牡丹柄が使われることで、若い女性の魅力や美しさを引き立てる意味があります。

  3. 高貴さと優雅さ: 牡丹は上品さや優雅さを表現するためのデザイン要素としても使用されます。特に伝統的な着物や陶磁器において、牡丹柄は高貴で格式のあるデザインとして多く用いられています。

  4. 幸福と幸運:牡丹は一般的に幸福や幸運をもたらす花ともされ、結婚式や祝賀会など特別な場面で用いられ、その場の幸福を願う意味が込められています。

牡丹柄は一般的に美しさ・富・幸福・優雅さなどの意味がある為、おめでたい席での様々な装飾品などにも多く用いられています。牡丹柄は日本の伝統的なアートやファッションにおいて重要なデザイン要素であり、その美しさと象徴性は多くの人々に愛されています。



 半衿

白い花柄の半衿

この半衿には大きな菊の花と大小様々な桜の花が描かれていて全体的に可愛いらしいデザインになっています。生地色は白です。



 重ね衿

黒に赤のレースの重ね衿

桜模様の黒の生地に金の装飾生地・赤のレースが付けられたゴージャスな重ね衿。



 帯揚げ

オレンジの帯揚げ

オレンジの総絞りに斜めのストライプが描かれた帯揚げ。両サイドには紗綾形(さやがた)模様に花柄が描かれています。




 帯


黒の帯

黒の生地に紫のラメが散りばめられ、ゴールドの梅模様の中には桜・梅が描かれている。



 帯締め

オレンジの帯締め

中央の飾りを境にオレンジと金糸の組紐と赤・緑・紫・金の細い組紐で構成された帯締め。中央の飾りにはパールが使用され、シンプルですが存在感のあるデザイン。



 振袖コーディネートまとめ

緑・赤が印象的な可愛い振袖コーディネート。特に重ね衿に特徴があり、可愛らしさを更に引き立てている。



最後までお読みいただき感謝します⭐️


bottom of page