top of page

振袖コーディネート「HSP-2-1」

振袖No.HSP-2-1のコーディネートについて使用小物のご紹介をしていきます。


なお、各振袖詳細ページでは振袖・使用小物共に画像クリックで拡大表示され、対応サイズもご覧いただけます。


色味使い・柄の決め方などご参考にしてくださいませ。


また、画像のコーディネートをそのままレンタルできますので、一度リアルコーデでお召しになってみてください⭐️



 振袖

身長168cmまで 身丈162cm 裄66cm

白と赤の振袖

鮮やかな白から赤へのグラデーションの生地に桜・梅・ダリアなどのお花や紅葉が描かれ、さらに七宝柄や内出の小槌もワンポイントとして描かれ非常におめでたい柄が満載の振袖。



 梅

梅は厳しい冬の季節でも力強く生きる植物です。


「辛い時期を耐え忍び努力を続ければ、いつか美しい花が咲き誇る」という意味があり、強い女性、また振袖にこの文様がある時は、人生山あり谷あり。良い時もあれば悪い時もある。悪い時もじっと耐え凌げる心と、その先にある華やかな人生が送れるように願いがこもっています。



 半衿

緑の半衿

緑地に菊・桔梗がワンポイントとして描かれた可愛い半衿。



 重ね衿

赤い重ね衿

ビビットカラーのピンクに金のラメが散りばめられた重ね衿。胸元にしっかりとしたインパクトを与えたい方におすすめです。



 帯揚げ

赤い帯揚げ

小豆色の総絞りで仕上げられた帯揚げ。可愛い葉の模様が描かれ、両サイドと中央には麻の葉模様が描かれている。



 帯

長さ450cm

黒い袋帯

黒地に桜の花びらが無数に散りばめられ、メインのアクセント模様として色とりどりの梅が描けれた落ち着いた雰囲気の袋帯。



 帯締め

青い帯締め

ビビットカラーのシアンとオレンジ・イエローのグラデーションが印象的な平組の帯締め。オレンジ部分には花柄が描かれている。



 振袖コーディネートまとめ

振袖・帯共に花柄が描かれ、トータル的に可愛い印象を持つ振袖コーディネート。可愛い振袖に頃の袋帯を持ってくることで締まりができる為、少し大人の雰囲気も醸し出しています。



最後までお読み頂き感謝致します⭐️




Kommentare


bottom of page